• 文字の大きさ
診療科・部門案内
トップページ > 部門案内-診療科・部門案内
放射線科
診療科・部門案内トップ |  病棟 |  透析室 |  薬局 |  リハビリテーション室 |  放射線科 |  臨床検査室 |  手術室 |  給食

 当院では、一般撮影・マンモグラフィ・Ⅹ線透視撮影・CT・骨密度・超音波・眼底カメラ等野画像診断装置を駆使して、病気の有無や種類、程度等を診断します。
 放射線科診療は近年になり高度に発展をしていきます。もはや今日の医療において必要不可欠となっております。



一般撮影
一般的にレントゲンと呼ばれるX線を用いた画像検査です。主に胸部や腹部、手や足の骨部などさまざまな部位の撮影を行ないます。
マンモグラフィ
マンモグラフィとは乳房のⅩ線撮影のことです。乳房専用のX線撮影装置を用いて乳房を圧迫しながら撮影します。痛みを伴いますが、圧迫することにより乳房内を明瞭に撮影することができて、被ばく量も少なくなります。
Ⅹ線透視撮影
X線を用いて胃や大腸や骨部など、リアルタイムに観察部位をモニターに映し出しながら、検査、処置、治療などを行います。
CT撮影
CT(Computed Tomography)とは、X線を回転しながら様々な方向から人体に照射して、人体を通過したX線のデータをコンピューターで計算して体の断面像を見る検査です。 
検査の際に造影剤という薬剤を静脈注射して行う場合があります。造影剤を使用することにより、病変の発見や病巣部をより明瞭に映し出したりすることができます。
造影剤には副作用が出る場合があります。詳しくは検査の際に説明いたします。
骨密度検査
X線の透過率を数値化することで骨量の減少を早期に発見し、骨粗しょう症の予防や治療を行います。当院では前腕の橈骨(とうこつ)で測定します。
超音波検査
超音波検査(エコー検査)とは、超音波を対象物に当てて、その反射を映像化することで対象物の内部の状態を検査します。腹部臓器全般、心臓、乳腺、甲状腺、頸動脈などの検査を行ないます。
眼底カメラ
瞳孔から眼球に光を入れて眼球の奥(眼底)を検査します。眼底の血管は人間の体において、唯一外から見える血管です。その血管を観察することにより、主に緑内障等の目の疾患や高血圧、高脂血症、動脈硬化等の診断に役立ちます。